Archive for hiroto

デリバティブ取引は日本が発祥

日経225オプション取引は、日経平均株価を原資産としているオプション取引で、大阪証券取引所に上場されています。

日経225先物取引と並んで、日本の代表的デリバティブ(金融派生商品)取引で、現在国内で最も活発に取引が行なわれているオプション取引と言えます。

世界で始めてデリバティブ取引を行なったのは、日本だそうです。

1730年、八代将軍徳川吉宗(米将軍)の時代に、大岡越前守が大阪堂島米会所に対して、米の先物取引を許可しました。
これが、世界初の公設先物市場の誕生だといわれているそうです。

これ以前にも、ベルギーのアントワープで1531年に開設された取引所では、「先渡取引」が行われていました。しかし、現代の先物市場の基本的な仕組みが整備された、世界で始めての「先物取引」は、堂島米会所ということのようです。

「先渡取引」も「先物取引」も、将来のある時点にあらかじめ定めた価格で、ある商品を売買する約定であるのは、同じなのですが、
「先渡取引」は現物決済を行う取引であるのに対し、「先物取引」は差額(「売る・買いの差額」決済を行う取引である点が異なります。

1848年設立の「アメリカ・シカゴ商品取引所」は、大阪堂島米会所をモデルとされた、といわれています。

長らく続けられていた米の先物取引は、第二次世界大戦による米流通の統制に伴って、1939年廃止されたのです。

終戦後まもなくの1950年、商品取引所公布を受けて、現在の中部大阪商品取引所にあたる大阪化学繊維取引所を皮切りとして、商品先物取引が再開したのですが、米の先物取引は、現在でも行われていません。

さやかのブログ

オプション取引成功のポイント

オプション取引を軽く考えていると、必ず手痛い目にあうと言ってもいいでしょう。

オプションには、レバレッジ効果が働くので、大きな損失をあっという間に出してしまうというリスクがあります。
オプションの取引を行うにあたっての大事な点を確認しましょう。

まずは取引の目的です。利益を得るためなのか、保険のためなのかなど、目的を明確にしておくことはとても重要です。

次に、取引の仕方です。投資対象としての長期的な取引なのか、短期的に行なうのか。方針が定まっていないと、周りの状況に左右されてしまいかねません。

オプション取引は、投資対象として非常に魅力的です。

しかし、それは、オプション取引についての知識と戦略をしっかりと身につけていればの話です。
甘く見て、適当にやっていれば儲かるだろうと考えて取引を進めることは大変危険です。

どんな投資についても言えますが、儲けのことばかり考えずに、損失の可能性を頭に入れておきましょう。

十分に潜在的な損失のリスクを考慮し、リスクをしっかりと把握して、取引をおこなうことが、最終的に利益を生み出すのです。

あと大事なのは、勉強をし続けることです。
市場は一定の状態にとどまることなく、常に変動しています。それとともに、取引をする投資家も成長していく必要があるのです。

たとえば、相場の動向を定期的に確認したり、オプションについての書籍を読んだり、講習会を積極的に受けたりすることは投資家として必須と言えましょう。

興味本位でオプション取引を行い、大きな損失を出してしまうよりも、お金と時間を事前の準備と勉強に費やしたほうが効率的です。
十分に知識を得て、さらに模擬の練習を積み重ねたうえで、オプション取引を始めましょう。

日経225オプション取引に際しての心構え

日経225オプションは、対象となる日経平均株価が変動するなどして、プレミアムも変動します。利益や元本が保証されている商品ではありません。つまり、損をする可能性もあるのです。

そのため、日経225オプション取引を行う際には、次の点に注意することが、満足のいく取引をするために重要です。

◆買い手の場合
日経225オプション取引の相場予想がはずれて動いた場合は、支払ったプレミアムの全額が損失となってしまう可能性があります。

◆売り手の場合
相場が変動することで、始めに差し入れた証拠金だけでは足りなくなることがあります。
取引を続けるためには、現金で追加分の証拠金を預ける必要が出てくる場合もあるのです。

証拠金を追加すれば万事OKとはなりません。
損失がもっと膨らんでしまうと、証拠金が戻ってこなくなったり、それ以上の損失を出したりすることもありえます。

日経225オプション取引のプレミアムは、銘柄によって、日経平均株価の変動幅に比べて、大きく変動します。
要するに、大きな利益が得られる可能性がある反面、予想に反して相場が変動した場合は、大きな損失を被る可能性もあるのです。

プレミアムは需要と供給によって決定されます。
大きく相場が動いた場合は、相手の注文が減り、自分の思ったような値段で取引できないこともあります。

日経225オプション取引を始めたいのでしたら、取引の詳しい仕組みや、商品の性質などをよく理解しておくことが最低限の準備と言えます。
そして、自分で責任をもって、的確に判断しながら取引を行うようにしてください。

審査もあるオプション取引口座開設

オプション用の取引口座を開設して、実際に取引を始めるまでの手順を見てみましょう。

細かいところは、証券会社によって多少違ってきますが、だいたい次のようです。

◆証券会社のホームページにアクセスして、現物口座を開設するための申込書を請求します。

◆申込書が送られてきたら、必要事項を記入して返送します。

◆口座開設の手続きが完了したら、口座情報が郵送で送られてきます。

◆口座を開設したら、証券会社のホームページから、オプション用の取引口座を申し込みます。
※直接オプション用の取引口座を申し込むことができる証券会社もあります。

◆オプション取引口座を開設するための審査を受けます。
※方法は証券会社によって異なります。アンケートに答えるだけの場合もありますが、電話で面接を行い、オプションに対する知識を確認されることもあります。

◆審査に通過。

◆オプション口座の開設手続きをします。

◆投資資金をオプション口座に入金します。

◆日経225オプション取引をスタートです。

電話面接で、投資資金について聞かれた際に、その金額があまりに少ないと、審査に通らないこともあるようです。
また、日経225オプションについての知識が不十分だと、取引が始められないこともあるのです。

電話面接の際は、投資に対する自分の経験などを正直に話すことが大事です。
もし、審査に通らなかった場合には、オプション取引を始めるに、今後どのようにすれば良いのか、担当の方にアドバイスを求めましょう。

オプション取引口座を選ぶための5つのポイント

日経225オプション取引を始めるために、何十社もあるインターネット証券会社の中から口座を開設するにあたり、どのようなことを選択の基準にすればよいのでしょうか。悩むところだと思います。

まず、あなたの目的です。目的がオプショントレードなら、当然のことですが、オプションを取り扱っていない証券会社は除外です。

これで、だいたい20社程度に絞られてくると思います。
では、次に何に注意して、証券会社を選べばいいのでしょうか。

インターネット証券会社の選択の際に、重要なポイントは主に5つです

1、取引に制限がなく、オプションの買建と売建の両方を行うことができる。
2、オプションの取引にかかる手数料などが安い。
3、「逆指値注文」など、リスクを軽減させるための注文ができる。
4、効率的に資金の運用ができること。
5、しっかりとオプション取引をサポートしてくれて、安心して取引ができる。

おすすめのインターネット証券会社としては、
オプション手数料が最も安い「マネックス」、
日経225先物の手数料が最も安い「クリック」、
日経225miniの手数料が最も安い「SBI」、
などが挙げられるでしょう。

その他におすすめなのが、「ひまわり証券」です。手数料が一律0.525%でオプション取引が行なえるので、特におすすめです。

たとえば、他の証券会社では、プレミアムを10,000円でオプション取引した場合、手数料が210円や525円などかかってしまいます。

ところが、手数料の下限を定めていない、ひまわり証券の場合は、「10,000円×0.525%=52円(少数点以下は切り捨て)」が手数料ということになるのです。他社より少ない金額で取引を行うことができます。