デリバティブ取引は日本が発祥

日経225オプション取引は、日経平均株価を原資産としているオプション取引で、大阪証券取引所に上場されています。

日経225先物取引と並んで、日本の代表的デリバティブ(金融派生商品)取引で、現在国内で最も活発に取引が行なわれているオプション取引と言えます。

世界で始めてデリバティブ取引を行なったのは、日本だそうです。

1730年、八代将軍徳川吉宗(米将軍)の時代に、大岡越前守が大阪堂島米会所に対して、米の先物取引を許可しました。
これが、世界初の公設先物市場の誕生だといわれているそうです。

これ以前にも、ベルギーのアントワープで1531年に開設された取引所では、「先渡取引」が行われていました。しかし、現代の先物市場の基本的な仕組みが整備された、世界で始めての「先物取引」は、堂島米会所ということのようです。

「先渡取引」も「先物取引」も、将来のある時点にあらかじめ定めた価格で、ある商品を売買する約定であるのは、同じなのですが、
「先渡取引」は現物決済を行う取引であるのに対し、「先物取引」は差額(「売る・買いの差額」決済を行う取引である点が異なります。

1848年設立の「アメリカ・シカゴ商品取引所」は、大阪堂島米会所をモデルとされた、といわれています。

長らく続けられていた米の先物取引は、第二次世界大戦による米流通の統制に伴って、1939年廃止されたのです。

終戦後まもなくの1950年、商品取引所公布を受けて、現在の中部大阪商品取引所にあたる大阪化学繊維取引所を皮切りとして、商品先物取引が再開したのですが、米の先物取引は、現在でも行われていません。

さやかのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です