日経225オプション取引に際しての心構え

日経225オプションは、対象となる日経平均株価が変動するなどして、プレミアムも変動します。利益や元本が保証されている商品ではありません。つまり、損をする可能性もあるのです。

そのため、日経225オプション取引を行う際には、次の点に注意することが、満足のいく取引をするために重要です。

◆買い手の場合
日経225オプション取引の相場予想がはずれて動いた場合は、支払ったプレミアムの全額が損失となってしまう可能性があります。

◆売り手の場合
相場が変動することで、始めに差し入れた証拠金だけでは足りなくなることがあります。
取引を続けるためには、現金で追加分の証拠金を預ける必要が出てくる場合もあるのです。

証拠金を追加すれば万事OKとはなりません。
損失がもっと膨らんでしまうと、証拠金が戻ってこなくなったり、それ以上の損失を出したりすることもありえます。

日経225オプション取引のプレミアムは、銘柄によって、日経平均株価の変動幅に比べて、大きく変動します。
要するに、大きな利益が得られる可能性がある反面、予想に反して相場が変動した場合は、大きな損失を被る可能性もあるのです。

プレミアムは需要と供給によって決定されます。
大きく相場が動いた場合は、相手の注文が減り、自分の思ったような値段で取引できないこともあります。

日経225オプション取引を始めたいのでしたら、取引の詳しい仕組みや、商品の性質などをよく理解しておくことが最低限の準備と言えます。
そして、自分で責任をもって、的確に判断しながら取引を行うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です